ぐりとぐら

ぐりとぐら
なかがわ りえこ おおむら ゆりこ
福音館書店 (1967/01) ISBN4834000826
売り上げランキング: 794
おすすめ度の平均: 4.69
5 眼で香る香しい香りの
カステラのしあわせ。
5 思い出の本
5 もう覚えるくらい読まさ
れてます。。。。
●あらすじ
料理と食べるのが大好きな、のねずみのぐりとぐらのおはなしです。
森へでかけてどんぐりやくりを集めていると、自分達よりも大きなたまごをみつけます。
たまごで何を作ろうか相談しているうちに、「あさからばんまでたべてもまだのこるくらいの大きいかすてら」を作ることにしました。
うちへ帰って材料と道具を持ってくると、大きなたまごを割ってかすてらを作ります。二ひきが歌いながら焼けるのを待っていると、森中の動物たちが集まってきて、みんなでかすてらをいただきました。



ロングセラー名作絵本のひとつ。
親子2代で夢中になってらっしゃるご家族も多いでしょう。お話の展開・絵ともに、ほのぼのとしていて、安心して楽しめます。
《読み聞かせのポイント》
ゆっくり、おだやかにやさしい気持ちで読んであげましょう。おやつの時間の前でも楽しいですね。
ぐりとぐらの7・5調のセリフは、歌うようにはずんで。お子様と一緒に口ずさんでもいいですね。
リンクフリー このページへのリンクは以下のタグを貼り付けて下さい。
<a href="http://www.0874.info/2006/08/post_9.html" target="_blank">読み聞かせの仕方・コツ/絵本ガイド:ぐりとぐら</a>




Powered by Movable Type 3.21-ja Copyright(C) 2006 子供が喜ぶ!読み聞かせの仕方・コツ/絵本ガイド Allrights reserved.