たまごねえちゃん

たまごねえちゃん
あきやま ただし
鈴木出版 (2005/09) ISBN4790251349
売り上げランキング: 103,882
おすすめ度の平均: 4
4 たまごねえちゃんは、ちょっとズルくカワイイ!
●内容
このこ、たまごねえちゃんといいます。ほんとうはもう、たまごからでていないといけないんです。でも、たまごねえちゃんはずっと、たまごのままでいました。やさしいお父さんと、甘えてばかりのちょっぴりわがままなたまごねえちゃん。そんな親子の心あたたまるストーリー。



「たまごにいちゃん」の姉妹編。
シンプルなタッチの絵が魅力です。

「たまごの殻をやぶる」ことが自我の成長に自然に喩えられていて、お子様の自立心を芽生えさせてくれるでしょう。

《読み聞かせのポイント》

たまごねえちゃんに翻弄されるお父さんと、わがままなねえちゃんのセリフを、おもいっきり対比させてみましょう。

ねえちゃんのおねだりセリフは、若い頃(!?)を思い出して、思い切ってタカビーに。

お父さんとお母さんのかけあいで読んであげても楽しいかも!?
お子様にとって、とてもインパクトの強い体験になりそうです!

リンクフリー このページへのリンクは以下のタグを貼り付けて下さい。
<a href="http://www.0874.info/2006/09/post_14.html" target="_blank">読み聞かせの仕方・コツ/絵本ガイド:たまごねえちゃん</a>




Powered by Movable Type 3.21-ja Copyright(C) 2006 子供が喜ぶ!読み聞かせの仕方・コツ/絵本ガイド Allrights reserved.