ワニくんのおおきなあし

ワニくんのおおきなあし
みやざき ひろかず
ブックローン出版 ISBN:4892389730
売り上げランキング: 205,291
おすすめ度の平均: 5
5 コンプレックスなんて気にしない
●あらすじ
なぜか、みんなよりとてもおおきな足をもつわにくん。
街に出ると、何度も足を踏まれてしまうし、エレベーターのドアには足の先を挟まれてしまうし、困ったことばかりがつづきます。
何とか足を小さくしようと、洗濯機で洗ったり、冷蔵庫に突っ込んだり、寝ている間に足が小さくなるように神様に祈ります。
でもあるとき、よくよく考えてみると、足が大きいってことは悪いことばかりじゃない、と気づきます。
「ごめんね ぼくのおおきなあし。ちいさくしようなんてかんがえて。これからもよろしく。ぼくのおおきなあし。」



ほのぼのした文章と、淡い水彩画タッチの絵がとても良くマッチした絵本です。

足の大きさを気にしていたワニくんが、それも自分の個性なんだと気づき、プラスに受け入れていくプロセスが描かれます。

大人の方が身につまされる内容かもしれません・・・。

《読み聞かせのポイント》

なんとか足を小さくしようと努力するワニくんの様子が、どこかユーモラスに展開されます。

文章の量は多くないので、ゆっくりゆったり、読んであげましょう。

冷蔵庫に足を入れた後になってしまう「しもやけ」がわからないお子さんも多いでしょうね。

「わかる?」と質問してみると、対話のきっかけになりそうです。

リンクフリー このページへのリンクは以下のタグを貼り付けて下さい。
<a href="http://www.0874.info/2006/10/post_20.html" target="_blank">読み聞かせの仕方・コツ/絵本ガイド:ワニくんのおおきなあし</a>




Powered by Movable Type 3.21-ja Copyright(C) 2006 子供が喜ぶ!読み聞かせの仕方・コツ/絵本ガイド Allrights reserved.