しんせつなともだち

しんせつなともだち
方 軼羣 君島 久子 村山 知義
福音館書店 ISBN:4834001326



食べる物のない雪のある日。1つのかぶが、うさぎからろばへ、ろばからやぎへと、友達への思いやりの心をのせて届けられていきます。ぐるぐる話の傑作です。

原作は中国の作家。他の国でも同じような話があるので、民話の採話ではないかという説もあります。難しいことはまったくなく、「次はどうなるの?」と興味をそそられます。

1968年初版発行、絵のタッチに時代を感じますが、クラシックでかえって新鮮かもしれません。


《読み聞かせのポイント》

あまりテンションを上げずに、きちんと説明してあげる読み方で内容を伝えてあげましょう。

途中で、かぶのたどった場所を、お子様に確認しながら読み進めてもいいですね。

ともだちを思いやる心について、話し合ってみるきっかけを与えてくれる一冊です。

リンクフリー このページへのリンクは以下のタグを貼り付けて下さい。
<a href="http://www.0874.info/2006/12/post_24.html" target="_blank">読み聞かせの仕方・コツ/絵本ガイド:しんせつなともだち</a>




Powered by Movable Type 3.21-ja Copyright(C) 2006 子供が喜ぶ!読み聞かせの仕方・コツ/絵本ガイド Allrights reserved.