さかさのこもりくんとおおもり




ユニークな発想とストーリー展開、ブタ鼻の憎めないキャラクターが多数登場する魅力一杯の絵・・・人気作家、あきやまただしさんの作品。ご自身も「絵本ライブ」といったイベントで自作朗読をなさっている作家です。
主人公の「こもりくん」はこうもり。普段からさかさまにぶらさがっているので、話す言葉も思いと正反対の「さかさま」。
この本ではお父さんの「おおもり」も登場! 「逆さ親子」で、おもしろさもパワーアップです!
飛べないこもりくんに、飛び方を教えるおおもりお父さん。「とぶなー!」とはげます姿は、熱血スポ根アニメのよう!?
心温まる父と子のおはなしです。

《読み聞かせのポイント》

お父さんの読み聞かせにも適している一冊。お父さん本人も楽しんでくれることでしょう。

父と子の関係性がユーモラスに、かつ的確に描かれているのも興味深いところ。お子様との距離感をつかみかねているパパに、励ましの意味を込めて「読んであげて」と手渡すのもいいですね。
テンポのいい会話でお話が進むので、元気よく読んであげましょう。おおもりが我が子を励ますところは、実感を込めて。
・・・とはいえ、セリフが正反対なので、ついつい吹き出してしまうんですけどね。
まじめにやればやるほど可笑しさが増して、大人数をあつめた会でも大ウケします。

口にしている言葉とは全く反対のことを思っていることは、こもりくんとお父さんのおおもりの表情が正直に物語ります。親子表情にも注目させてあげましょう。
リンクフリー このページへのリンクは以下のタグを貼り付けて下さい。
<a href="http://www.0874.info/2007/05/post_31.html" target="_blank">読み聞かせの仕方・コツ/絵本ガイド:さかさのこもりくんとおおもり</a>




Powered by Movable Type 3.21-ja Copyright(C) 2006 子供が喜ぶ!読み聞かせの仕方・コツ/絵本ガイド Allrights reserved.