うんちっち




主人公は、どんな時にもたった一つの言葉しか言うことができない、うさぎ。
唯一の言葉が、よりにもよって「うんちっち」だったのです!
「食べてもいいかい?」とオオカミに聞かれても、「うんちっち(「うん」ちっち)」と言ってしまったら、さあ大変! うさぎはオオカミにぺろりと食べられてしまいました・・・。

しかしその後、お腹のふくれたオオカミがしゃべった言葉が「うんちっち」!
うさぎの子は無事に助かるのでしょうか・・・?
外国の絵本らしく、常識で考えれば結構シュールな展開なのに、めっぽうおもしろい。翻訳の妙もあるのでしょう。
最後のオチも、お子さまが大好きな一言・・・。教育的配慮は全くありませんし、しばらく「うんちっち」の連続攻撃に遭うことは必至ですが、それを踏まえても親子で楽しみたい一冊です。
おもしろければ、いいじゃないか!の精神で。

《読み聞かせのポイント》

単純明快な文章、紋切り型で読んでもかまいません。言葉そのものがおもしろいので、余計な小細工は必要なし。感情をおさえて淡々と読んだ方が、余計おかしいようです。
キャラクターの絵も、どこか一筋縄ではいかなさそうな、ちょっぴりひねった雰囲気がただよいます。かつて出回った「キャベツ畑人形」っぽいというか・・・洋の東西におけるキャラクターの作りかたの違いが、なかなか興味深い気がします。
「かわいいかわいい」ものばかりでなく、お子様には新鮮に感じられるかも知れません。

親子の精神を解放してくれる「いい絵本」の一つと言えるのではないでしょうか。こういうのも、有り、なのです。
リンクフリー このページへのリンクは以下のタグを貼り付けて下さい。
<a href="http://www.0874.info/2007/06/post_33.html" target="_blank">読み聞かせの仕方・コツ/絵本ガイド:うんちっち</a>




Powered by Movable Type 3.21-ja Copyright(C) 2006 子供が喜ぶ!読み聞かせの仕方・コツ/絵本ガイド Allrights reserved.