ぎろろんやまと10ぴきのかえる

ぎろろんやまと10ぴきのかえる
間所 ひさこ 仲川 道子
PHP研究所 (1983/06)



ひょうたんぬまで仲良く暮らす、10ぴきのかえるたち。
ある日、1ぴきが重い病気にかかってしまいました。病気をなおすには、ぎろろんやまに生えているキノコが効くと聞いて、9ひきはキノコ取りに出発しました。ところが、ぎろろん山は、かえるたちを待ち受ける試練の連続でした・・・。
間所ひさこさんの「10ぴきのかえる」シリーズの一冊。にぎやかな中にも、それぞれのキャラクターがかき分けられているところは見事。
お話の展開もスリリングで、思わず引き込まれます。
「10ぴきのかえる」シリーズは、DVD化され、東映から発売されています。

《読み聞かせのポイント》

登場人物(かえる)が多いですが、読み分けは気にしなくても大丈夫。かえるの鳴き声をイメージして軽やかに。病気のかえるを心配するところは、ご自身の体験(お子様が熱を出してしまったりしたときの気持ちなど・・・)を思い起こして、実感を込めてみましょう。
かえるたちが遭遇する試練の相手を、迫力ある低音で表現すると、メリハリがつきます。
背景の山の情景描写も美しく、じっくりと絵を見せてあげましょう。
DVDで楽しむのとはまた違った、肉声での読み聞かせも大切にしたいものです。何より、お子様に合わせたテンポで、ページをめくってお話を進めることができるのです。興味を持った場面を、納得いくまでじっくり見せてあげることも、絵本をつかった読み聞かせならでは、です。

リンクフリー このページへのリンクは以下のタグを貼り付けて下さい。
<a href="http://www.0874.info/2007/09/10.html" target="_blank">読み聞かせの仕方・コツ/絵本ガイド:ぎろろんやまと10ぴきのかえる</a>




Powered by Movable Type 3.21-ja Copyright(C) 2006 子供が喜ぶ!読み聞かせの仕方・コツ/絵本ガイド Allrights reserved.